top of page

キッチンカー開業のハードルは3つだけです!(補助金編)

更新日:2022年9月24日

キッチンカー開業に向けて、ある程度まで来たら必ず現れる障害が3つあります。

この問題を解決策する手段として参考にしてみてください。


以上の3つの問題はクリアしているという方は、この記事は飛ばしてくださいね。



資金編でもお伝えしたように、国策で金融緩和とともに事業転換や新規参入など

事業の形を変えて取り組んでいくような、

積極的な事業者には、継続的に手厚い補助金を設けています。


ただし注意しなければいけないのが、ほとんどが「時限立法」

つまり、期間限定の補助金だということです。


国として、コロナの影響でこれ以上景気が悪化しないように

様々な施策をおこなっていますが、告知が弱過ぎて事業者に伝わらずに

期間が過ぎてしまう事が多々あります。


外出する機会が以前より減ったため、WoltやUberEats、出前館などの

デリバリーサービスと、キッチンカーの移動販売は増え続けているので、

国としても補助金の付けやすい業種となっています。


こうした政策として追い風が吹いているので、キッチンカー導入の際には

さまざまな行政機関を調べ上げることを、強くオススメします!


一般的には中小企業庁が多いのですが、時には農林水産省などで

補助金が出ることもあります。


お申込みいただいたお客様には、その時活用できる情報を

できる限りお伝えしています。


融資とは違って「返還義務のない補助金」の活用はお忘れなく!



START UP!!では、はじめてキッチンカーの運営をはじめた時から、

その後さらに発展してきた全てのノウハウをスタッフ一同協力してお伝えしていきます。


特に大切な問題ですので、それぞれカテゴリーを分けて掘り下げています。

参考までに特集ページもぜひご覧ください。


特集ページ



また、この3つ以外の問題や質問などありましたら、何なりとお気軽にお問合せください。


閲覧数:32回

最新記事

すべて表示

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page