top of page

開業前に出来る売上目標の立てかた


どれだけお客さんが来るかわからない開業前に、立てる目標ほど

雲をつかむようなものはありませんね。


ほとんど妄想の世界です 笑


今回お伝えしたいのは「無意味なデータは取らない」ことと

「開業前に目指すべき目標の立てかた」の2点です。


運営サポートでも触れていますが、キッチンカーをはじめて

一年後にどのくらいの収入を得られるようになりたいか。


簡単な逆算を行うだけです。



  1. まず、来年の今頃の目標月収を決めましょう

  2. 一度の出店でかかる経費(ガソリン代や消耗品代など)を出します

  3. 月に掛かる費用を書き出します(車両保険・駐車場代・携帯代など)

  4. 年単位で掛かる費用を書き出します(2年車検なら割る2で…という具合に)

  5. 毎月出店したい目標の回数を出します

  6. それぞれ計算して毎月の経費が出ます

  7. 出た経費に目標の月収を足します(これが目標の粗利ですね)

  8. 商品の原価率を掛けて毎月の売り上げ目標を出します

  9. 商品単価からざっとした客単価を出し、売上で割ると客数が出ます

こうして出た結果によっては取扱いメニューを変更することになるかもしれませんし、

必要な客数が多すぎる場合はサイドメニューを充実させて

客単価を上げる努力に向かうかも知れません。


いずれにしても具体的になった方が早く気づいたり備えたり出来るものです。


夢と現実の乖離がわかるかも知れません。

必ず一度立てましょう。


それともう一つ、データを取ることは大切なのですが、

データ収集が趣味かのように、無駄なデータまで取らないように気をつけましょう。


商売をはじめると大切なデータは蓄積していくべきなのですばが、

必要のないデータ(活用しないデータ)まで取らないようにしましょう。


一度データを取り出し、それが蓄積されると取らないと気が済まなくなります。

習慣になることはいいことなのですが、使わないデータや重要でないデータは

破棄する勇気を持ちましょう。


商売に大切なのは時間で、貴重な時間は有効的に使いましょう。


キッチンカー販売でデータと同じくらい大切なのは、

出店先の状況や感想・手応え・改善点といったものです。


一年後にまた訪れる企画やイベントなどでは、こうしたメモが重要です。

キッチンカー販売に興味がある人が多いので、

旅日記をブログやyoutubeに上げれば人気出るかも知れません 笑。

自分のためにもなりますので、一石二鳥かも。


-------------------------------------------------------


START UP!!では、はじめてキッチンカーの運営をはじめた時から、

その後さらに発展してきた全てのノウハウをスタッフ一同協力してお伝えしていきます。


特に大切な問題ですので、それぞれカテゴリーを分けて掘り下げています。

参考までに特集ページもぜひご覧ください。


特集ページ



また、この3つ以外の問題や質問などありましたら、何なりとお気軽にお問合せください。




最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page