top of page

季節とイベントのデータを取る

こちら北海道ではカラッと晴れて短い夏と、過ごしやすい春秋、そして厳しい冬と

激しすぎる四季折々を過ごしています。


START UP!!は北海道・東北の代理店ですので、これからもこの環境です。


ウェブでは全国からお問い合わせをいただきますが、この厳しい四季でも

年間通して営業できるようにデータを蓄積していますので、

日本全国どこでも困った時には参考になるデータとなっています。



キッチンカー営業を始めたら、ぜひ取っていただきたいデータがあります。


  • 月別の平均売上高

  • 施設・イベントごとの客数

  • 地域・業種分けの平均売上高


当社で運営しているキッチンカーは、初年度の夏と冬の売上高は

冬場は夏の半分以下でした。


これは、冬場に投入したメニューを見直すいい決断材料になります。


夏と冬では来客数も自然減するのは明らかですが、

妥当な範疇なのか、そうでないかの判断基準は持っていないとダメですね。



次はよくあることなのですが、各施設・イベントでの集客数です。

様々な場所に出向く訳ですから、イベントなどの

印象と結果の記憶がごっちゃ混ぜになることがあります。


例えば二日間のイベントで、前座の初日はイマイチだったのに

翌日良かったために、いい印象だけ残るといった感じです。


イベントが重なる時期は、お誘いを受けたイベントの中からどこに出店するか

選ぶことになりますが、経営者としての手腕が大きく問われます。


上記のようなイベントでは、前座の初日は違うイベントに向かい

二日目だけの出店で調整するべきでしょう。


イベント自体は盛り上がった割に、自社のキッチンカーの売上が

イマイチだった。または、その逆のパターンもあります。


こうした中で勘違いを少しでもなくす為には、客数が大事になります。


会計伝票の付け方次第で簡単に営業後に集計できますので、

客数を把握できていない方は客数に絞って工夫しましょう。



もうひとつ、データを収集する際に出店施設・イベントの開催地域と

主催者の職種を記載して分けてみてください。


開催地域は、キッチンカー自体の盛り上がりがこれからという地域と

もう定着してしまっているところがよくわかるはずです。


これは翌年の重点的に出店する場所を決めるのに大いに役立ちます。


それから主催者の業種ですが、これは自社メニューの相性がわかるでしょう。

ロケーションとして、近くに自社メニュー取扱のお店が少なかったり

様々な原因があるでしょうが、その場所での相性を知ることも大切です。




どんな商売でも有用なデータとそうでないものとありますが、

闇雲にデータを取っても、今後に活かせないと意味がありません。


日頃の仕事の内容を濃くするために、無意味なデータ収集は

やめてしまう勇気を持ちましょう。

読み返して確認したくなるデータを収集しましょうね。


-------------------------------------------------------


START UP!!では、はじめてキッチンカーの運営をはじめた時から、

その後さらに発展してきた全てのノウハウをスタッフ一同協力してお伝えしていきます。


特に大切な問題ですので、それぞれカテゴリーを分けて掘り下げています。

参考までに特集ページもぜひご覧ください。


特集ページ



また、この3つ以外の問題や質問などありましたら、何なりとお気軽にお問合せください。

閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page